日本ボーイスカウト神奈川連盟
横浜みなと地区      
●第1団の主な活動区


中区

南区

磯子区

金沢区

港南区
ボーイスカウト横浜第1団

●活動
◆一級挑戦キャンプ2016/08@山梨県;本栖湖キャンプ場
個装担いでハイキング! キャンプ地に到着! ちゃんと野営してます!
◆夏キャンプ2016/08@山梨県;本栖湖キャンプ場
しっかりと設営! 楽しい火起こし! セレモニーもしっかりと!
◆第23回世界スカウトジャンボリー2015/07@山口県;きらら浜
美味しい料理を作ろう! アリーナショーへ! 海外隊との交流もバッチリ!
◆国際交流2013/11@南区
タジキスタンを学ぶ

1・84団のメンバー約40名で、タジキスタンの歴史や気候を留学生一家と伝統料理「プロフ」を食べながら懇談、交流会



タウンニュース13/11/28号より

東京-タジキスタン
約6,000km

◆夏キャンプ
火起こし(1団)
2011/8
名札製作(1団)
2011/8
ハイキング(1団)
2011/8

本部所在地 〒232-0054
横浜市南区大橋町3-62 内山歯科医院内

育成団体(母体) はこぶね会 育成会会長 渋谷 健
主たる行事 育成資金募集の はこぶね寄席%はこぶねバザー

団委員長 葛西 映子

団の連絡先
(担当者)
葛西 映子 TEL045-741-202一(内山歯科 葛西まで)

団のホームページ http://bsy1.club/
団のエリア 伊勢佐木長者町〜弘明寺
主な活動地域 大橋町内会館、大岡地区センター、南センター、その他地区センター
弘明寺公園、蒔田公園、野毛山公園、その他近隣公園
野島公園キャンプ場、中田の森キャンプ場、他キャンプ場
団創設 年月 昭和21年(1946)12月

団のモットー 「伝統と歴史」に誇りと愛着を持って、互いに励まし合い、自分を向上させ、磨き、活かす。

アピールポイント @多くの少年少女たちに,学校の勉強や生活からでは学べない「新しい発見」や「冒険心」、そして「何かを成し遂げた喜びと自信」と{勇気}を体験してもらいたい。
Aキャンプ生活やいつもの隊活動から、自分自身の頭で考え行動して、「仲間との協力の仕方」や「生活のルールやマナー」を身につけ、世の中に役立ち、苦境にも耐えられる少年少女になってもらいたいと考えて活動しています。

団の概要 Y校(横浜商業高校)海洋少年団が母体となって、昭和21年(1946)に日本で初めて出来た「歴史と伝統」のある団です。
その後分封*によって子の団として11団、71団が生まれ、更に孫の団として、101団、84団が生まれました。
(*スカウト数が一定数以上になると、新しく団を作りスカウトを分けます。)
団の現勢 スカウト 13人

2017/4月現在
リーダー/団委員     19人

合 計     32人
どのような活動を
しているか?
原則として毎月2回、日曜日に活動し、1度は月例隊集会を町内会館で、1度は特別隊集会として、ハイキング、見学、奉仕活動などを行っています。

活動費用のあらまし 入団時のみ 入団金 7,000円(スカウト会館維持費2,000円含む)
毎年 ボーイスカウト連盟登録費 4,500円(年)、育成会費 2,400円(年)
毎月 活動費 1,000円(月)
(キャンプ、遠征、イベント等で別途負担の場合もあります)
その他 女子の入団希望も大歓迎です。各隊女性リーダーが配属されていますのでご安心ください。
ビーバー隊、カブ隊の制服は団より全て貸出しますので、入団時の費用の負担が少なくてすみます。
体験希望の方は下記までご連絡ください。
045-721-195五(18:00〜) 伊藤まで
17/2/7up

このホームページ上はスカウト運動に関する項目は、 ボーイスカウト日本連盟ホームページ掲載「ボーイスカウト関係のホームページ開設」に沿って、 みなと地区委員長-吉田栄の責任のもとに掲載しています。